避妊薬が日本であまり広まらないのはなぜか?

欧米諸国ではもはや常識として広がっているのが女性用の避妊薬です。
それにも関わらず、日本人の間では依然として知名度が低く、若い男女の中には存在すら知らない方もいます。
日本と欧米を比較すれば、海外のほうがセックス頻度が高く、そういった需要が高い背景があるのかもしれません。
しかし、近年では日本人カップルや夫婦のセックス頻度も欧米並みとなりました。
望まない妊娠を避ける必要性に、国籍やお国柄は一切関係ありませんので、日本人の間でももっと普及して良いはずです。
日本であまり避妊薬の利用が広がらない理由として、まず最初に考えられますのが入手方法の点かもしれません。
欧米諸国に比べ、日本の国では専門的な医薬品が手に入れづらいです。
安全性が高い低用量ピルも例外ではなく、気軽に身近なお店で買う事が出来ません。
男性用の避妊具などはコンビニエンスストアやドラッグストアで販売されていますが、低用量ピルは婦人科のあります大きな病院に行く事でしか手に入れられません。
また入手に関する費用も比較的高いため、一度や二度、過去に低用量ピルを病院から処方してもらった女性の方々も、その後、きちんと飲み続けにくいです。
また日本の性教育の中では、避妊具の利用が広く推奨されています。
低用量ピルよりもコンドームを男性に使用してもらった方が良い、といった指導が義務教育期間にも進められています。
実際は男女双方それぞれに避妊対策が必要であるにも関わらず、避妊は男性の仕事といった教育がなされており、女性自身が低用量ピルの存在やその重要性を、学生時代に学べないという背景があります。
そしてゆゆしき事に低用量ピルを飲み続けると、不妊症になる等の悪質なデマが流されていて、
本当は避妊薬を飲みたいと感じている女性を怯えさせるのような誤った情報を提唱する専門家が存在する事も、普及の妨げになっているのかもしれません。

避妊薬は生理痛の緩和にも効果がある

ピルは避妊薬として知られる薬です。
正しく服用すれば100%の確率で、避妊の効果を得られます。
また、避妊だけでなく実は生理痛の緩和にも、効果がある薬として知られています。
実際、クリニックでは生理痛に悩む女性に処方して、治療に用いられているのです。
なぜ、ピルが生理痛の緩和に有効なのか知るには、生理痛が起こる原因を知る必要があります。
女性は卵巣からエストロゲンと、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンが分泌されています。
この2つの女性ホルモンの量が、変化する事で排卵したり生理が始まるのです。
プロゲステロンは排卵後に増える女性ホルモンで、子宮内膜を厚くする働きを持っています。
子宮内膜が厚くなると受精卵が着床しやすくなる為、女性にとってプロゲステロンは無くてはならない女性ホルモンです。
しかし、あまりにも子宮内膜が厚くなり過ぎてしまうと、生理痛を引き起こす1つの原因となってしまいます。
子宮内膜内にはプロスタグランジンという物質が、多く含まれています。
プロスタグランジンは子宮を収縮させ、経血の排出を促す物質です。
プロゲステロン量が多く子宮内膜が厚くなり過ぎると、このプロスタグランジンも量も多くなり、生理となった時に強く子宮が収縮される為、生理痛を感じるのです。
ピルにはエストロゲンと、プロゲステロンと同じ作用を行うホルモン剤が含まれています。
服用する事で女性ホルモン量が一定となり、子宮内膜が厚くなり過ぎるのを防ぎ結果、生理痛を緩和する事が可能です。
生理痛は個人差がありますが中には、痛みのあまり寝込んでしまう方もいる程、強い痛みに襲われるケースもあります。
ずっと我慢するのではなく、ピルの力を借りて生理痛をコントロールしてみましょう。

避妊薬を飲んでもコンドームも付けることが重要

避妊薬は今では一般的になりました。
インターネットの普及に伴い、認知度もあがり、街のレディースクリニックもたくさんあるので、クリニックで処方されることがそんなに珍しいことではなくなったこともあります。
一般的に日本では、避妊の際に、男性側に避妊具としてコンドームを装着してもらうことが多いです。
これは性教育などでも学習するので、これで望まない妊娠が防げると思っている人が多いのも事実です。
しかし、コンドームの装着だけで、完全に妊娠を防げるかというとそうではありません。
コンドームが破れたり、また使い方を誤ることが多いからです。
コンドームは元々、避妊の目的というより、性病を移さないという目的なのです。
そこで、女性側が経口避妊薬のピルを飲むことが求められます。
避妊薬はその名の通り、望まない妊娠を避けるものですが、ピルを服用することによって月経不順などを治すことも可能です。
月経前症候群によってストレスでイライラしている女性は自分で生理をコントロールできるので、大変薬が役立ちます。28日の周期で生理が来るので、自分で旅行などの計画も立てやすいので安心です。
避妊薬はピルとコンドームで性病の感染も心配しなくていいですし、健康面でも安心安全です。
大人だからこそ、きっちりと性に関しては情報を持っていたいものですし、自分でモラルを持って生活をしていきたいものです。
ピルにはアフターピルと呼ばれるものがあり、避妊薬を飲んでいない人も、コンドームの誤った使い方で心配な方はクリニックで処方されたピルを服用することによって望まない妊娠を避けることが可能です。
現代社会は情報に溢れていますが、薬に関してはデリケートな部分なのでしっかり勉強しながら使っていきたいものです。

■避妊薬であるトリキュラーの購入はコチラ
ピルと言ったらトリキュラー

ページの先頭へ戻る