保険適用外の避妊薬は太りやすい?

避妊薬は、定期的に服用することで避妊効果を得る低用量ピルや、避妊に失敗してしまったときに緊急対策として服用するアフターピルなどがあります。

基本的には婦人科などで検査を受けて服用するのに問題がなければ処方されますが、避妊目的で服用する場合には保険適用はできません。

ただ、月経困難症や更年期障害など、日常生活に支障をきたす症状を抱えている場合には病気と診断されて保険適用ができることもありますので、医師に相談してみるのが良いでしょう。

婦人科の処方以外では、海外から個人輸入して購入することもできますが、その際は服用に注意点に気を付けて自己責任で服用するのが前提となりますので、初めて避妊薬を服用する場合には婦人科できちんと説明を受けて処方してもらい、慣れてきたらネットなどで購入するのが良いかもしれません。

避妊薬の副作用として、頭痛や吐き気、胸の張りなどの症状のほかに、太りやすいという副作用も囁かれることがありますが、実は避妊薬自体には太るような要素の成分は入っていないとされています。

ただ、初めて避妊薬を服用することで体内のホルモンバランスが変化して食欲旺盛になることもありますので、その作用により太ってしまうというのが副作用として加わったのかもしれません。

普通に食事をしている分にはピルを服用したからといって太ることはありません。
もし避妊薬を服用して太ってしまうのであれば、それは自身の食生活に問題があると言えるでしょう。

避妊薬は、妊娠しているのに近い状態にする作用があるので、避妊薬を服用することで食欲が増してしまう人は日頃の食生活を見直して太りすぎないように意識しながら食べるのが望ましいといえます。

ページの先頭へ戻る