個人輸入で購入した避妊薬の使い方

避妊薬を病院で処方してもらいたい、しかし時間もないし何より少し高いというイメージからなかなか手が出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、産婦人科に行くことに抵抗感がある方も多いと思います。そもそも、病院での避妊薬の処方は何故高額なのでしょうか。それは避妊薬を処方してもらいたいだけなのに、病院に行くとまず初診料をとられてしまいます。さらに避妊薬はどの病院でも一律の価格、というわけではありません。保険外診療のため高額の請求をされる病院もあります。したがって初診料と薬代を合わせると、高額の出費になるというわけです。飲むのは一度きりではなく、継続的に服用する必要があるのでなるべく安い出費を皆さん望まれることでしょう。病院より安く買えるところはどこか、それは個人輸入を代行している通販サイトで購入することです。ここでは安全にいろいろな種類の避妊薬を、低価格で購入することができるのです。病院で説明を受けていないので使い方がわからない、という方もいらっしゃるかとは思いますがいたって使い方はとても簡単です。生理の始まった日を1日目として、その1日目から毎日飲み続ければいいのです。生理の始まった週の日曜日から飲み始めると、生理周期が週末に重ならないというメリットがあり、これを採用する方もいますが日曜日までの間は他の避妊方法をとる必要があります。初めての方は生理の始まった日から飲み始めることをおすすめします。避妊薬を飲むことで病気の心配がある、といった意見も昔はありましたが今では子宮頸がんや卵巣がんのリスクが軽減されることなど、メリットの方が多いということがわかってきました。生理周期の安定にも繋がります。このように避妊薬は今やとても安全な薬であると言えるのです。

ページの先頭へ戻る