日本家族計画協会推奨の避妊薬で出産時期を決める

我が国においても、諸外国に遅ればせながら、ようやく低用量ピルが解禁となり、女性が望まない妊娠によって、深く傷付けられてしまう事態を回避できるようになりました。日本家族計画協会も、避妊薬を使って出産計画をたてることを推奨しており、心身ともに健康な状態に母体を整え、元気に子供を産み、育てられるように、様々な媒体を通して広く伝えています。女性は妊娠すると、それまでと同じ状態で過ごせなくなってしまうことも多く、時には安静にして置かなければならない時期もあります。普段健康体だからといって、妊娠期間中も元気で過ごせるかというと、それは実際に妊娠してみないとわからないことで、同じ女性でも、一人目と二人目では、体調も味の好みも全く変わってしまった、ということも珍しくはありません。身体も大きく変化しますが、心も不安定になりやすく、妊娠、出産というとても大切な時期を過ごすには、周囲のサポート体制もしっかりと整えておくことも求められます。無計画に妊娠すれば、仕事が急にできなくなってしまうというリスクにもつながり、とても不安定な精神状態で過ごさなければならなくなり、胎児にも悪影響となってしまいます。また、妊娠に気づかずに喫煙や飲酒をしてしまったり、胎児の発育に影響のある医薬品を服用してしまったりといった問題も、妊娠初期には起こりがちとなってしまうため、赤ちゃんが欲しいと真剣に考え出すまでは、ピルでしっかりと自身の身体を管理しておくことが大切です。ピルは他の避妊方法と比較しても、飲み忘れさえなければ、ほぼ百パーセントに近い高確率で、妊娠を回避させることが出来ます。服用を止めれば普通に妊娠できるというメリットもあり、女性が自分で自分の身体をコントロールするには最適な薬なのです。

ページの先頭へ戻る