避妊薬によって痩せるのか、太るのか

タイトルの結論を先に述べれば、避妊薬の成分によって痩せる、太る、ということはないです。しかし場合によっては副作用の影響でそう感じる人がいてもおかしくはありません。
低用量ピルなどの避妊薬には妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが配合されています。身体に一定量の黄体ホルモンを摂取することで脳は身体が妊娠したと勘違いし、排卵の停止の指令を出します。その結果、避妊の効果を得ることが出来るのです。ここでポイントは脳が身体は妊娠したと勘違いすることです。つまり避妊薬を服用することで考えられる副作用には、妊娠初期の症状である悪阻に似た症状が起こる可能性があります。悪阻は人によって異なりますが、多い症状として吐き気や頭痛、乳房の張りがあります。吐き気があれば食べ物を受け付けないで痩せる人がいる中、逆に食べることで吐き気が治まるため太ってしまう人もいます。また乳房がはることでバストアップが起こるのですが、これを太ったと思ってしまう人もいます。吐き気や頭痛などは避妊薬を使用し続けていくうちにほとんどの場合、感じなくなるとされています。そのため副作用が終わった時にその影響で痩せた、太ったと感じてしまう、ということは実際の様です。また避妊薬を使用している間は乳房の張りは続いている場合がほとんどなので、こちらは使用している間はバストアップし、使用しなくなったら元のサイズに戻る人がほとんどです。
避妊薬の成分で体重は増減しませんが、副作用による影響は人によって出てしまうことが現実です。しかし稀に薬との相性が悪く、副作用が治まらなかったり生活に支障を与える程、症状が重い場合があります。その時は医師に相談し、薬の変更や症状を緩和させる薬を処方してもらうと良いでしょう。

ページの先頭へ戻る